concept

設計コンセプト

家という財産を代々受け継いでいく暮らしは、単に経済的な余裕を生むだけではなく、同居して、代々暮らすことにより、暮らしの知恵・知識の継承、田畑の継承、子供の成長、老後の安心感等々、暮らしの中に心の豊かさが生まれます。この心の豊かさから、地域とのコミュニティーが生まれ、住環境を創っていくのではないかと考えます。
経済的に核家族の暮らしが成り立たなくなり、同居せざるを得ない若夫婦が多くなる一方、価値観の違いにより暮らしの行き違いが起こる家庭もあります。
暮らしの先々を見て、安易な計画で家族の繋がりや財産・資産を結果として失わないように、その家族の進む道を一緒に考えて行ければと思います。
そのような思いから、「代々暮らす家づくり」と言う設計テーマのもと、一人一人の暮らしを大切にした設計をしていきたいと考えています。